先週5月25日の出来事。 午後にアプリストアのランキングが更新される時、そこに新しいキングが誕生しているだろう キングが登場した 王座についたのは、新しいSNSアプリ、Poparazzi(パパラッチ)。 名前からも伝わるとおり、友達の写真を撮るアプリ。撮った写真は、自分のフィードやマイページに投稿するのではなく、友達のマイページに投稿する。 上のスクリーンショットはパパラッチ共同創業者のページだけど、ここに写っている彼の写真は全部、彼の友達が撮っている。 パパラッチを開くと、最初の画面はカメラの撮影モードになっている。
このnoteは2020年7月に公開されたCreator of Douyin / TikTok: How We Created A Product with A Billion Views A Day in 18 Months: Part 1を、Tech Buzz Chinaの許可を得て翻訳・公開するも…
2016年までに、グローバル各国でショートムービーサービスが勃興し、Douyin(中国版TikTok)の原型が出来上がりつつあった。当時の状況はこちらのnoteを。 続きをみる
2013年1月、6秒間のショートムービーサービスのVineがローンチされ、一世を風靡した。これは日本でも馴染みが深いだろう。人気インフルエンサーのkemioさんやブライアンさんが高校生だった時に、最初に世間から注目を集めた舞台もこのVineだ。 続きをみる
「Instagramの再発明」 そんな言葉と共に、2日前からシリコン・バレーで話題になっているアプリがある。 続きをみる
2006年3月、ジャック・ドーシーが初めて「ショート・ブログ」なるものをインターネット上に投稿した。 続きをみる
初めて年末年始にClubhouseを使った時はまだ日本人がいなくて、海外のテック系のルームに入って聞くしかなかった。この時は正直、「勉強にはなるけどPodcastがライブになっただけで、そこまで面白くないな」と思った。(海外歴もそこそこ長いので英語が分からんからつまらん、というわけではないと信じたい.…
Netflixドキュメンタリ映画「監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影」では、SNSが招く最悪のシナリオの一つとして、テロや内戦が描かれている。(まだ見てない人はこれを機にぜひ見てほしい。) 年明けに起きた議事堂襲撃事件は、トランプ大統領がSNSを使って扇動したことがきっかけになったと言われて…
See all